BIOGRAPHY

Emilly:左から 武並崇仁(Ba) Miguel Arroyo(G) Emilly(Vo) 髙畠宏明(Key)
Emilly:左から 武並崇仁(Ba) Miguel Arroyo(G) エミリ(Vo) 髙畠宏明(Key)

Vocal:エミリ、Bass:武並崇仁、Keybord:髙畠宏明 Guitar:Miguel Arroyo からなるバンド。R&B、SOUL、FUNKといったブラックミュージックを基調としたリズムグルーヴと、様々なエッセンスを織り交ぜた独自のPOPsサウンドを特徴としている。

Vocal: Emiri, Bass: Takenami Takahito, Keybord: Takabatake Hiroaki Guitar: Miguel Arroyo.
Features groove rhythms based on African-American music such as R & B, SOUL, FUNK combined with unique POP sounds that interweave various essences.

2004年 刈谷音楽祭 グランプリ受賞

2008年 1stフルアルバム「Play」を全国リリース。TOWER RECORD HMVをはじめ、各CDショップでも話題を集め、Radio-iの着うたランキングでも上位をキープ。名古屋を中心にテレビやラジオなどにも出演し、話題を集める。そして2010年2ndミニアルバム 「GARDEN OF MUSIC」をリリース。これらのアルバムから、三曲の楽曲が CMタイアップに使用される。

2008年 ロッキンzepp flight 08 グランプリ受賞

「Love Letter」東海ろうきん TVCM
「GIFT〜親愛なる母へ〜」人材派遣 丸徳産業 TVCM
「Fly」矢作地所 バンベール星ヶ丘ラジオCM

エミリ

愛知県岡崎市出身

高校一年生の頃不登校になった経験がきっかけとなり、その年の夏からボイストレーニングを開始。その後数々のコンテストでベストボーカル賞を受賞し実力を発揮。Soul R&B POPs Rockに慣れ親しんできた歌声は、パワフルさと繊細さを兼ね備え、変幻自在な表現力、豊かな歌声と圧倒的な声量が持ち味。

The experience of being truancy when she was in her first year of high school encouraged her to start voice training in the summer of that same year.

After that, she won the best vocal award in numerous contests, and her talent came to light.

The voice that has become accustomed to Soul R&B, J-pop, Rock combines power and delicacy with a unique, expressive power, rich singing voice, and overwhelming voice volume.


武並崇仁

大阪府和泉市出身

中学生の頃、ドラムに夢中な兄の影響でベースに興味を持ち、それ以来独学でベースを学び、数々のバンド経験を重ねる。そしてEmillyの活動開始と共に本格的に作曲、アレンジを始める。普段は常に穏やかで過ごす冷静な判断力を持ってバンドを束ねているバンマスだが、ひとたびステージに立てば内に秘めた情熱が音と共に溢れ出す。

During junior high school, he became interested in bass because of the influence of his older brother, who was crazy about drums.

Since then, he has self-studied the bass and has accumulated numerous band experiences.

And with the start of Emily’s activities, he started composing and arranging in earnest.

As a  bandleader, he must have the calm and calm judgment to keep the band together, but once he stands on the stage, the passion hidden inside overflows with the sound.


髙畠宏明

10歳の時にアコーディオンと出会い、太田敏雄氏に師事。18歳までクラシックタンゴを中心に学ぶ。高校卒業後、ジャズピアノに転向。2013年にはアフロビートファンクプロジェクトBEMBEに加入し、2015年にはDJ大塚広子氏監修のコンピレーションCD”Piece the next japan night”に、2016年には須永辰緒の夜ジャズ外伝2 All The Young Dudes ~全ての若き野郎ども~に参加。2014年からはクロスオーバーインストバンドStanceTongueのキーボーディストとしても活動し、2枚のアルバムをリリースしている。
近年では様々なメジャー、インディーズアーティストのライブ、レコーディングに参加し、幅広いジャンルでのボーダレスな活躍が注目されている。

He met the accordion at the age of 10 and studied with Toshio Ota, mainly studying classical tango until the age of 18.

After graduating from high school, he turned to jazz piano.

 In 2013, he joined the Afrobeat funk project BEMBE; in 2015, he released the compilation CD “Piece the next japan night,” supervised by DJ Hiroko Otsuka; in 2016, he participated in Tatsuo Sunaga’s Night Jazz Gaiden 2 All The Young Dudes. Also, since 2014, he has played, recorded, and composed for the crossover instrumental band Stance Tongue, releasing two albums.

In recent years, he has participated in live concerts and recordings for various Major and indie artists, and her borderless activities in a wide range of genres are attracting attention.


Miguel Arroyo

ペルー出身 

バークリー音楽院にて、トモ藤田、Tim Miller、Mike Williams等に師事。海外のメタル、インディー、ファンク、ブルースのバンドにレコーディングで参加。近年は名古屋を中心に、複数のセッションリーダーや、数々のサポートミュージシャンとしても活躍。
優しさや繊細さの中にも、凛とした強さを感じるギタープレイには定評がある。

At Berklee College of Music, he Studied with Tomo Fujita, Tim Miller, and Mike Williams, to name a few.

He has experience recording metal, indie, funk, and blues bands overseas.

In recent years, he has been active in multiple events as a Session Leader and numerous support musicians, mainly in Nagoya. Even in his kindness and delicacy, he has a good reputation for playing guitar, which feels his dignified strength.